メニューをスキップして本文へ


ここから本文

栂池の加工講座

  • 2011年10月 1日(土) 22:09 JST
  • 投稿者:
    turbo
 昨年は、講師不在という事件がありましたが、今年は講師の小池芳子さんも無事に復帰、参加者も30名ほどが集まりました。新規の参加者も多く、いつもながらに派手に叩かれる役回りの方もちゃんといたりして、有意義な3日間でした。

 今年は、9/28~30日の開催だったのですが、29日の夜に名古屋で用事があって抜け出しては戻るという離れ業をやってのけました。

 初日はいつもどおりに小池さんの講義。6次産業化の話、これは農水の連携事業の話、他方農商工連携とうたうのは経産省の方。何れも加工がついて回ります。このあたりの補助金の話とかいろいろありました。

 2日目は、いつもどおりの持ち寄り品の品評会。今回は45品ほどと少なめ、それでも9時スタートで13次には終わらず、いつものペースでした。途中から抜けた私は、もう一人の講師のアルプス市場の犬飼さんの話は聞けず、また、昨年から始まった夜の実演会もパス。

 3日目は、小池農産加工所の熊谷さんによる表示の話、昨年は私が表示の話をしましたが、熊谷さんの話はわかりやすかったと思います。

 2日目に中抜けして、帰りは車だったのですが、3日目に帰りかけたら、いろいろと忘れ物をしてしまい、結果としてはもう一泊することに。先ほど帰ってきました。

今年もやってきました

  • 2011年8月30日(火) 07:44 JST
  • 投稿者:
    turbo
 毎年近くの中学生たちが職場体験でやってきます。
今年も中2の女子が2名での作業です。

1日目は、草取りから始めて、ブロッコリー、キャベツ、カリフラワーの植え付け。そして、ナスとピーマンへの誘引紐での結束、最後はトウガラシ(辛くない福耳という品種。ちゃんと育つと30センチにもなるということですが)の収穫でした。

明日もまた8時半からやってきます。畑の草取りとかブルーベリーの収穫作業の予定です。

一安心

  • 2011年8月27日(土) 19:35 JST
  • 投稿者:
    turbo
 各地でお米の検査、といっても穀物の検査ではなくて、放射性セシウムの検査が進んでいます。我孫子も例外ではなく検査を行った結果、検出されずという結果であったと役場より通達が来ました。これで今年も出荷がOKとなりました。

 もっとも、生育は少し遅れ気味(我が家はもともと遅めに植えているので遅くてOKなんですが)で、検査のこともあって、市内での8月中の稲刈りはほとんど見られません。明日あたり誰かしら刈り始めるようなそんな感じですね。

 このところ、毎年のように8月下旬は雨が続いていて、9月になると残暑が強くなってくるパターンです。早稲である「こがねもち」が来週あたりに刈り取りができそうな状況ですが、天気次第ですね。

収穫ラッシュ

  • 2011年6月22日(水) 04:46 JST
  • 投稿者:
    turbo
 ブルーベリーのハイブッシュ&サザンハイブッシュの品種が一気に熟し始めた。収穫を続けているが今年は雨が多くて難儀している。

 一方でニンニクもジャガイモも今年は豊作である。昨年はニンニクはほぼダメで、ジャガイモに至っては取っても腐らせてしまい、大変であったのを思い出す。一方で、ズッキーニとかキュウリとかは、まだまだこれから。常温播種しているので、今年が如何に寒いのかがわかる。

World IPv6 Day

  • 2011年6月 8日(水) 06:55 JST
  • 投稿者:
    turbo
 今日の9:00から24時間にわたって、World IPv6 Dayというイベントがある。
IPアドレス枯渇に伴う、IPv6という規格での接続を見るものだ。

我が家のサーバーは、当面はIPv6からは見られないようにしてあるので、IPv6経由では見られない。もう少しするとIPv6経由だけということにもなるのかも知れないが、セキュリティ対策等も変わってくる関係上、ある程度落ち着いてからでないと移行は難しいと私は考える。

今日から幕張で開かれているInterop Tokyo 2011でもこのあたりが話題の中心になっている。昨年以上にIPv6問題は話題になっているようだが、一般の人にはあまり関係がない。

よくインターネットの住所にあたるものだとの説明があるが、IPv4(現行のIPアドレス。192.168.1.1など)が番地だとすれば、IPv6は家中の機器それぞれに番号が付くという解説も多い。はっきりしていることは、紆余曲折しながらも、世の中便利になっていくことだけは間違いがないと思う。

まだ、食べ物は栽培する時代だが、STAR TREKよろしく、レプリケーターで複製して作られる時代が本当に来るのかもしれない。そうすると栽培する喜びはどこへ消えるのか、少々疑問は残る。

ブルーベリーは色づき始めたものの、もう少し食べられるまでには時間がかかりそうです。

初荷 されど…

  • 2011年6月 1日(水) 13:51 JST
  • 投稿者:
    turbo
 早いもので、6月に入った。今日は水曜日、例年も5月の最後の週からは、用水の供給が停止するのが水曜日で、今年は少し遅くて、6/1から水曜日毎に田んぼの用水が止まる。さあて、雨も上がったので、田んぼの畦の草刈りをしなきゃなあ…という訳で、昨日からは畦草刈りに。

 6月に入ったら、湖北台のカスミの向かいにある直売所の野菜畑というところに、我が家の品物を置くことになっていたので、昨日は数少ない露地野菜の中から、ダイコンと小松菜を取っておいて、調製。今朝一番で持っていったのですが…。





 角度を変えて2枚取りましたが、どこにもブルーベリーも野菜もないでしょ?ブルーベリーはまだしばらく先になるとしても、ダイコンはどこへ消えたの?まさか一晩で切り干しダイコンに化ける訳はないし…。

 そうなんです、この直売所は水曜日が定休日なのね。中峠店のオーナーに電話を入れて、すっかり忘れてたぞーということで、今日は野菜類は置かずに帰ってきました。もっとも、明日から2日間ほど京都に出かけるので、本格的には土曜日からの出荷となります。

 せっかく葉っぱ付きのいいダイコンだったのに…。というわけで、明日出かける前の早朝に葉を取って持っていくしかないです。小松菜は取り直しかなぁ。つい、うっかりしましたワ。


 今日置いた品物は、以下のとおり。

天日干しのお米   コシヒカリ/こがねもち(もち米)
          黒米、赤米、香り米

加工品       切り干しダイコン(細切り・丸切り)
          ゆかり

加工ねっと仲間の品 ラ・フランスジュース
          りんごジュース
          ぶどうジュース

加工ねっとの仲間の品というのは、全国の精鋭農家の加工仲間の品々です。

 今回のこのジュース、飲みきりサイズで無添加無加糖なので、大変に人気があります。山形の武田さんという方の品なのですが、なんでも山形ではコンビニにおけるだけの力量のある品物ということで、昨年も我が家のブルーベリーの直売で人気の品でした。今後も少しずつ置いていきますので、お楽しみに!

直売所『野菜畑』

  • 2011年5月29日(日) 11:22 JST
  • 投稿者:
    turbo
 昨年の12月から、我孫子の湖北台のカスミの向かいと、国道356号線沿いの中峠の「カンパーニャ」(お好み焼きの「道頓堀」があったところ)の西隣りに『野菜畑』という農産物の直売所がオープンしています。

 もともと酒屋だった美濃屋さんが年末から始めたものですが、ここのご主人、オープンにあたって、うちを含めて多くの農家を回ったということです。月に1回(第4土曜日)、このカスミの周辺では、湖北台南口商店街のホコテンセールというイベントが開かれていて、6月〜12月の朝市ともども、ずっと出店しています。そんなわけで、美濃屋のご主人ともかれこれ数年のつきあいになりますが、昨年の夏ぐらいに最初に相談され、秋オープンの予定が暮れのオープンとなったのでした。

 2店同時オープンするというので、ずらすように勧めたのですが、彼は強行してしまいました。今思うに、この震災を考えるとずらしてのオープンは難しかったですねぇと話していました。

 さて、我が家も6月1日から、湖北台の方に品物を置いていきます(中峠の方は少し遅れてのスタート予定)ので、お楽しみに。お米は近くの多くの農家が持ってきています。ブルーベリーも我が家以外にも数件で持ってくることになると思います。是非食べ比べてみてください。

 我が家の品としては、黒米や赤米、香り米などのほかに、切り干しダイコンやら露地野菜などを置く予定ですが、加工品関係は、スペースの都合もあり、加工ねっとのメンバーの品を何点か置こうかなと考えています。今のところは、天童のオーチャードタケダさんのところのラフランスジュースをはじめとした飲みきりサイズのピュアジュースを持っていくことにしています。自分のところの加工品関係は、これまでどおり農園脇のブルーベリーの直売所にてのみ販売の予定です。

寒い日が…

  • 2011年5月12日(木) 07:18 JST
  • 投稿者:
    turbo
 昨日今日と寒いぐらいの日が続いています。
明日は若干良くなる模様ですが、いろいろな意味で今年も生育の遅れが見えてきているので、この寒さはちょっと痛いかもしれません。

 土曜日からは持ち直すみたいだけど、この時期、こんどは風が吹くのよねぇ。やはり、なかなかうまくはいきません。そろそろ苗を運ぶ準備をしないといけないですが、それよりもこの雨で水位が上がった田んぼの水を切る方が先かな。あとどのぐらい降るんだろうか…。

夏蜜柑ピール

  • 2011年5月 6日(金) 07:05 JST
  • 投稿者:
    turbo
 今年も夏蜜柑のピールを作っています。辛みをきちんと抜いてあるのと、やわらかめに仕上げてあるので、お年寄りや子供にも人気があります。

 作り方は以下のような感じ。

1.夏蜜柑の皮を丸のまま皮むきで剥いて、油球を削ぐようにする。
2.すぐに水に冷やしておく。
3.浮いてくるオレンジ油を捨て、水を取り替える。これを1昼夜かけて数回繰り返す。
4.1/4に切れ目を入れて、皮を剥いて、皮のみをまた水に冷やす。
5.1/4の皮を縦方向に6mm程度の幅に切る。必要に応じて縦でなく若干斜めにして大きさを揃えるのがコツ。
6.水を軽く絞り、新しい水に冷やす。
7.ザルに上げて、一度鍋にかけて沸騰させて、水を切ってから冷水で冷やす。
8.皮をきつめに絞り、砂糖を加える。グラニュー糖でも良いが、グラニュー糖のみだと甘みがアッサリし過ぎるので上白糖でも良い。加える量は最終的には絞った皮と同じぐらいであるが、最初は30cmの鍋で1kg程度で良い。
9.混ぜてしばらくおくと水分が出てくるので、火にかける。焦がさぬように混ぜていくと、かなりの水分が出る。
10.砂糖を追加して、煮詰めていく。
11.ある程度で火を止めて、ばんじゅうに皮を広げる。
12.冷めてからグラニュー糖をふりかけて混ぜる。
13.風のある日照のあるところで乾かす。
14.12~13を繰り返していく。途中水あめ分が出てきたら、ばんじゅうを斜めにして水あめを取り除くか、絡め直すと良い。
15.表面が乾ききる前に、最後のグラニューを振るが、中心部の糖度がきちんと上がるように手袋をはめて軽く揉みほぐすと尚良い。
16.パックに詰める。だいたい半分~60%程度が砂糖になります。180g入りで50個できるとすると5kgは砂糖ですが、アメの分とかで1kg程度は余計に使うことになります。

とまあ、手間はかかりますが、おいしいですよ。

荒代完了

  • 2011年5月 1日(日) 06:09 JST
  • 投稿者:
    turbo
 今年は例年よりも田んぼ仕事はゆっくりと進めています。一昨日にようやく荒代かきが終わりました。まわりでは田植えを始めた家もでてきました。今年は5/7が七七日なので、植え代はそれ以降、というよりも昨年からは作業を1週間程度遅らせていますので、田植えは早くても14〜15日の予定。天気と苗の伸び次第ですね。

 例年だとブルーベリーもこの時期に満開になり、蜂たちがやってくるのですが、住み着いた蜂が昨夏に逃去したせいか、今年はまだチラホラしか蜂がいません。受粉するのかなぁ...。毎年受粉が早いのはサザンハイブッシュの一部の品種なのですが、今年もミスティなどは既に花が落ちています。ラビットアイがまだ花を開かないので、今年は少し寒いのかもしれません。

 苗の方はハウス内は良いとして、外で管理している方には網を被せていますが、毎日のような強風に落ち葉等が飛び交っています。昨日あたりからブルーベリーの作業が本格化し、余分な花や枝の剪定、苗の剪定整理、コンテナ植え鉢へのピートモスの補充とかを進めています。水やりもこの時期は乾きすぎない程度にやるために、タイミングが結構重要だったりします。

サブメニューをスキップしてフッタへ

記事カテゴリ

ログイン

ログイン

過去記事

火曜日 8月 7日


木曜日 7月12日


日曜日 6月24日


金曜日 10月27日


月曜日 11月14日


土曜日 11月12日


月曜日 9月 5日


木曜日 7月21日



オンラインユーザ

ゲストユーザ: 24

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

ページ (2週)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

ここからフッタ