メニューをスキップして本文へ


ここから本文

サイト全体をhttps対応しました

  • 2018年7月12日(木) 15:39 JST
  • 投稿者:
    turbo
 うちのサイトは今どきなframesetでのページなのですが、これまでこのblogであれば、 http://blog.kaimu.jp/ のようなURLでしたが、 https://www.kaimu.jp/blog/ にリダイレクトして、httpsをしゃべらせることにしました。
(ちなみに、shop. www. は対応済みですが、blog. は現状は直接URLを入れた場合、リダイレクトはしていません。
→【7/25対応済み】blog.kaimu.jp, apri.kaimu.jpともサーバー側のmod-rewriteにて対応済みです)

 ざっと確認しただけですので、まだもれがあるかもしれません。尚、ショッピングカートのシステムについては、以前からSSLかつhttpsでの実装なのですが、実はframesetにすると、トップのURL以外を表示しないので、実際には見えにくくなっていました。

 次の対応は、スマホ&タブレット向けのResponsive Web Designということになろうかと思いますが、少々時間がかかりそうです。

【7/25追記】コメントにあるFireFoxでのエラーは既に解消しています。設定ファイルの変更箇所が複数あって、ブラウザによって読み込む順序が違うことが原因だったようです。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
https://www.kaimu.jp/blog/trackback.php/20180712153902804
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり、サイト管理者は責任を負いません。

  • SSL証明書の変更も行っています
  • 投稿者:turbo on 2018年7月17日(火) 13:57 JST
 本日より、RapidSSLから、Trustico社が発行する、2048ビットのSSL証明書に変更してあります。

販売元からの情報では、今年の10月までに証明書の信頼度情報が変更されるということでしたので、より安心していただけるような証明書に変更しました。

ロゴ(スマートシール)等は、すべてTrustico社のものに変更したつもりですが、お気づきの点がありましたら、お知らせください。
  • SSL証明書の変更も行っています
  • 投稿者:turbo on 2018年7月25日(水) 15:49 JST
Firefox61.0.1からアクセスすると、
「発行者が不明であるため、この証明書の有効性を検証できませんでした」(証明書ビューアー)
「検証され信頼できる運営者情報はありません」(ページ情報/運営者)
となり、例外登録しないと跳ねられてしまうようです。

ちなみに、証明書のルートからの階層は、

ルート証明書
AddTrust External CA Root
 |
 クロスルート証明書
 COMODO RSA Certification Authority
  |
  中間CA証明書
  Trustico RSA DV CA
   |
   サーバー証明書
   *.kaimu.jp

のようになっているのですが、FireFoxの都合なのか、Trustico社の事件の都合なのかは不明です。
他のブラウザでは問題がないので、サーバー側の設定の問題とは思えませんが、引き続き調査します。

サブメニューをスキップしてフッタへ

記事カテゴリ

ログイン

ログイン

過去記事



ここからフッタ