メニューをスキップして本文へ


ここから本文

桃ジャムのつくり方

  • 2013年8月 9日(金) 19:35 JST
  • 投稿者:
    turbo


品種は大久保という昔ながらのモノ。かたい桃だけど甘みが強く、酸味も多い白桃です。




皮も実も剥き始めたら、空気に触れさせないのがコツ。桃は産毛が多いので常に水を替えながらの作業となります。

実は4つ切り程度にして、2ミリ程度にスライス、この間に皮をレモン汁にて煮ます。分量としては1.5kgぐらいの桃に対して、皮を全て使い、レモン汁は30~50cc程度。赤味を抽出するのと、酸味を補うのが目的なので、完熟なほど多めにした方が良いです。ただ、多すぎてもレモンが勝ってしまうので注意。




煮上がると、結構赤味が出てきます(写真左)。この汁だけを漉して取り、スライスした桃を加えて、ひたすらに煮ます。途中、あく取りを頻繁に行い、ある程度軟らかくなってきてから、グラニュー糖を加えます。加糖すると沸点が上がり、アクが出やすくなるので、3回ぐらいに分けて加え、糖度42度ぐらいとします。

最終的な糖度は、45~47度ぐらいにて仕上げると、開封後のカビが少なくて済みます。仕上がり糖度が42度だとカビやすいので、少し甘いかなというぐらいでちょうど良いです。また、スライスした果実は、へらで切るように潰すか、マッシャー等で潰すと良いです。マッシャーを使うと仕事は早いですが、仕上がりは千切れすぎてきれいではありません。少しゆるめでも良いですが、ある程度煮詰めた方が照りがきれいに出ます。

ブルーベリーの鉢あげ

  • 2013年8月 6日(火) 18:58 JST
  • 投稿者:
    turbo


金曜日から日曜日にかけて、取手にある聖徳女子高校の生徒さんがインターンでやってきた。
初日はブルーベリーの草取りに専念してもらい、さらに植えた茄子のまわりに藁を敷いてもらいました。

2日目は援農に見えた方を含めて別の園の草取りと、残っていたハイブッシュの整理剪定と片付け収穫をお願いしました。初日以外は暑かったですね。

3日目には、滅多に他人には任せない挿し木の鉢上げをお願いしました。結構手先が器用な方達なので、たぶんうまく育ってくれることでしょう。




一応、キュウリとかナスとかインゲンとかの収穫もしたのですが、何分にも通常は朝に収穫している関係で、作業はうまく繋がらないモノです。特にキュウリとかは日中だと干涸らびてしまうので、朝夕のみの収穫になります。

3人とも、可愛らしい女生徒さんたちでしたが、たくさんの宿題が待っているという話でした。どうもありがとう。

たわわに

  • 2013年7月28日(日) 23:14 JST
  • 投稿者:
    turbo


早稲のこがねもちが出穂を始めた。全体の40%程度なので、まだ出穂とは呼ばないが、あと1週間と経たずに穂が揃うだろう。

ブルーベリーもたわわに実っています。上段の写真は、ブライトウェル。ラビットアイ系の中では美味な品種です。




下段はバルドウィン。この品種は、8月一杯は収穫できる晩成種です。ともかく大粒なので、迫力があります。

スマホかガラケーか

  • 2013年7月 2日(火) 21:07 JST
  • 投稿者:
    turbo
auがiPhoneを出す直前に発売されたInfobar A01。最近、充電コネクタのカバーが壊れ、スピードも遅くなったので、修理に出すことに。

auの場合、端末増設という形で機種変更しているので、いつでもICカードを変えると、ガラケー(Infobar2)に戻せます。

使ってみて、こっちの方がいいじゃん。「あんどろいど」だかなんかは知らないけれど、まだまだ不安定な代物(OS)です。電話を切っても切れずに1時間が経ってしまう。これって、使えないでしょ。

さあて、元に戻すのも手かなぁ。あと10日ぐらい、戻ってくるまではかかりそうです。

ハイブッシュ収穫真っ最中

  • 2013年6月24日(月) 03:42 JST
  • 投稿者:
    turbo


ちょうどハイブッシュ/サザンハイブッシュの極早生種が終わり、昨日は過ごしやすい気候だっこともあって、摘み取りのお客さまで賑わいました。午前中は対応するのがやっとで、写真を撮ったりする余裕はまったくありませんでした。




午後のお客さんが、ブルーベリー園の片隅にあるラズベリーを見つけて収穫。今年は本当に出来が良い年ですが、雨で蟻が上がってきているので、気をつけてねと一声。実はこの方は5月の連休中に園内の藁を敷きに来てくださったお嬢さん。今回はお姉さまとご一緒に摘み取りにおいでになりました。

さすがに明日摘む完熟果はほとんどありませんが、探すと結構残っていたりします。でも、明日一日は畑の方もやらないと草だらけでどうにもなりません。

本日お越し戴いた8組のみなさま、どうもありがとうございました。おいしいものって笑顔になりますよね。

完売御礼

  • 2013年6月23日(日) 19:39 JST
  • 投稿者:
    turbo


先週は私は強い雨だったので、休みましたが、それでも実は開催していました。
売る側も買う側も気合いが入っているというのか…




お隣の今井さんのところは、軽トラが着くなり黒山の人だかり。それでもみんなちゃんとオカネは払っていくのが素晴らしいところ。2人でも間に合わない状態です。ハイ。この日も完売御礼。この間僅か15分ぐらいだったかな。我が家の方は、ポツリポツリとやってきて、こちらもブルーベリーは完売でした。


]

増田さんのところは、フキやら梅干しやら、お総菜中心。キュウリの古漬けもどっさりと。これが何れもおいしいんです。松本さんのところは、親子でツーショット。こちらも品物はなくなりました。ぱぁちゃんの顔が看板ですから、みんなイイ顔してますよ。

苗木も並びます

  • 2013年6月22日(土) 19:58 JST
  • 投稿者:
    turbo


 今回の東我孫子の朝市では、パセリとバジルを持って参戦。まあ、余剰品だったり、ブルーベリーの直売所での販売用だったりします。ちょうど良くなった頃が売り時というわけで、持っていったのですが、パセリは結構出ました。

 一方、今回の加工品は、夏みかんのお菓子に加えて、フキのアンジェリカも加わり賑やかに。味見をしてもらっただけで、モノは出ませんでした。好き嫌いがあるのかもしれません。

こちらは湖北の朝市。30年も続いています

  • 2013年6月16日(日) 07:22 JST
  • 投稿者:
    turbo


こちらは湖北の朝市。湖北台の消防署の向かいでやっています。朝は東我孫子と同じで6時50分ぐらいからですが、品物とお客さんがいなくなり次第おしまいです。早いときは、7時10分にはなくなってしまうことも。人がワッと押し寄せていなくなる感じで、軽トラから荷物を降ろすより前に人だかりになるので、売り手も大変です。写真は中峠の今井さんの軽トラ。歩道側にコンテナを降ろすよりも人の手の方が早いです。




こちらには、けやき社会センターのきのこが並びます。




売り手は不在中ですが、お総菜専門の方もやってきます。このお総菜は、新木駅のそばの国道356号沿いに最近できた珈琲屋さんにも置いてあるようです。




こちらは、東我孫子の方の写真から、抜粋したもの。我が家のジャガイモと親分の佐々木さんの卵。卵は鈴木養鶏場の赤いたまご、もちろん湖北でも売っています。やはりうまいです。となりのズッキーニは、高野山の方の品物です。若い作り手の1人です。

今年も始まりました。東我孫子の朝市

  • 2013年6月16日(日) 07:02 JST
  • 投稿者:
    turbo


今年も始まった朝市ですが、お客さんの1人がブログとかに書かないとダメじゃないとお叱りの言葉。なかなか写真を撮る暇はないのですが、2回目の昨日は多少暇だったので、写真をアップしました。湖北台の朝市とは違って、朝の6時50分ぐらいから8時頃まで、少ないながらも順次人がやってきます。

こちらの朝市では、犬の散歩がてらに寄る方が多くて、賑わいます。12月一杯でお休みとなり、6月に再スタート。場所としては、国道356号の富士見橋のたもと、東我孫子カントリーへの入り口を入ってすぐのところにあります。人通りを考えて、大通りに移動するかどうか、考え中と親分のひとこと。どうなりますやら。

写真は中峠(なかびょう)の宮本さんとおこわ。朝の2時起き。私には真似できません。




こちらは、うちの母。今年は珍しく青物が最初から並んでいますが、チンゲンサイはここ数年売れなくなってきた野菜の1つです。みんな炒めたり、何より土を落とすのが面倒なのかもしれませんが。ジャムを含め、漬け物やら何やら、うちの加工品がずらりと並びます。メインはブルーベリーよりは、種類の多いジャガイモだったりします。数が多いので、時々品物を忘れて叱られます。昨日は実はジャムを忘れたりしました。




こちらは、下ヶ戸(さげと)の小池さん。ともかく野菜がどっさり。写真がうまくなくてごめんなさい。

たわわに実っています

  • 2013年6月16日(日) 06:46 JST
  • 投稿者:
    turbo


ブルーベリーも収穫をし始めて早10日ぐらい。例年よりも7日ぐらい早い感じで進んでいます。でも、1番たわわなときに雨が続いて、実が割れてしまっていて、非常にもったいないです。




一方で、マルベリー(桑の実)とラズベリーは、雨がなくて良い感じで収穫を始められ、こういう年も珍しい限りです。

サブメニューをスキップしてフッタへ

記事カテゴリ

ログイン

ログイン

過去記事



オンラインユーザ

ゲストユーザ: 17

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

ページ (2週)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

ここからフッタ