メニューをスキップして本文へ


ここから本文

25年

  • 2006年7月25日(火) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2006.07.25(火)  くもり 25年

 お昼過ぎにガイネンがやってきた。高校時代の担任のあだ名である。今年定年になったということで田舎に土地を買って引っ込むのだということらしい。ブルーベリーを植えるために苗木を分けて欲しいということだった。ということは当時35歳であったわけだが、今の方が明らかに若いようで、本当に丸くなったと思う。ちなみに担当は数学であった。

雨つづき

  • 2006年7月23日(日) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2006.07.23(日)  くもり 雨つづき

 毎月第四土曜日は隣町での直売。6月からは毎週日曜日に朝市。そして6月終わりからはブルーベリーと毎日が忙しい...ハズなのだが、ここに来て雨ばかりが続き、作業の予定が立たない。以前から予約していただいていた15名ほどの団体さんがブルーベリーの摘み取りに来られた。天候の加減なのか今年はちょうどこの時期が実が少ない。加えて日照不足からか甘みが乗らないので、実の状態が良くなくて気の毒になってしまう。もともと10人も入ると一杯になってしまう園内なので、ちょっと大変だったみたい。仕方がないので大きくなり過ぎたナスを焼き茄子にして振る舞った。

 田んぼの追肥もこの時期ですが、雨ばかり続くのでなかなか時間が取れない。予定より4日遅れで1町強の田んぼに追肥をした。一部の田んぼは古代米であるので、追肥はパス。だいたい天候が悪いときにはあとで肥料が効いてくるので、昔から7~8分で施肥するように言われている。実際、今年は1町5反弱に対して9袋程度と6割程度しか追肥しなかった。

 畑の草取りが一回りした頃、茶畑の草まで行く前に次の草が...。更にツツジなどの庭木類の防除作業も滞っている。この分では真夏の果実の1つ、モモが甘くならないのではないかと危惧している。

秘密兵器その2

  • 2006年7月20日(木) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2006.07.20(木)  くもり 秘密兵器その2

煮沸鍋
 ジャムづくりに使っている砂糖は、最初の頃は上白糖であった。最近はグラニュー糖(ビートグラニュー)に落ち着いている。上白糖は「上」とつくものの1番下級品で、白ザラメとか氷砂糖、グラニュー糖の方が精製度は高い。栄養価的には黒砂糖とか三温糖の方がミネラル分は多い。ジャムにする場合、素材の風味をダイレクトに生かしたいからグラニューが扱いやすいと知った。ただ、杏などのあくが出にくいものは上白を使って引っ張り出した方が結果的にうまくいくように思う。同じグラニュー糖もいろいろな精製レベルのものがあって、アクの出方(砂糖自身もアクがある)が違う。ビートグラニューは業務用大袋なので、扱いに困るが、その筋の方によれば1番ものがいいということだ。30キロを1キロずつに小分けしていると、今年は特に多いアリが集まってきた。

 秘密兵器その2とあるが、その1はジャム充填用のロート(自作品)である。加工しやすいように銅板で作ったもので、とても便利なものだが欠点はフルーツソース用のビンには狭くて使えないこと。新しくもう1つ作らないといけない。で、肝心の秘密兵器その2、ジャムを充填後の殺菌用の鍋である。本来は蒸気などで90度に保つような殺菌槽の設置が望ましいが、コストを抑えるべく大鍋を使っていました。しかしながら丸い鍋では30センチのものでも15本が限度です。そこで、友人に頼んで40本まで煮沸可能な鍋を作ってもらいました。まだ2重底にはしていませんが、メッシュを入れて2重底にすると、ラミネートの殺菌用にも使えます。専用のカゴを作れば、後々はカゴ毎ざぶんと使えるように考えています。

サクランボとマンゴー

  • 2006年7月19日(水) 14:06 JST
  • 投稿者:
    turbo

 雨が続いていて、ブルーベリーの果実の色ものらず、収穫が滞っています。仮に1時間程度雨が止んでも、樹はびしょ濡れですから、収穫している本人がずぶ濡れです。悪いことにこういう時の収穫果実は割れが多くて、商品にならなかったりします。まあ、味に問題はないので、ジャム用に冷凍果になるのですが、最近では冷凍庫も一杯になってきました。

 こういう日は、ジャム作りになってしまうわけで、ブルーベリー、杏、ちょっと変わったところではサクランボやマンゴーなど真夏の果実のオンパレードです。サクランボは、天童の知り合いに頼んで送ってもらっています。佐藤錦とナポレオンで作ってみましたが、どちらもジューシーでおいしいものができました。マンゴーは、静岡の友人が作っている、国産無農薬のものを使ってみています。輸入品と比べると原価が高いので、販売するとなるととてもプレミアにするしかないですが、甘みがありジューシーで、とても美味です。

雨が続くと

  • 2006年7月19日(水) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2006.07.19(水)  雨 雨が続くと

 梅雨の中休みが終わって、全国的に大雨になっている。畑の通路にしている部分も水浸しで、ブルーベリーに至っては実が裂け始めた。取りたいのだが雨が強くとれない状態が続き、夕方にようやく少し摘んだ。水が多くなると根が呼吸できないせいで新梢がぐにゃっと曲がる。急にしおれたときと同じ現象で、どうもブルーベリーは適度な水分を必要とするのがわかる。

 雨が続くと鳥たちも食べ物がなくなるのか、あるいは、ちょうど食べ頃なのをよく知っているのか、トウモロコシの大半をスズメにつつかれてしまった。当然ながらそういうものなのでとっても甘い。大鍋で3杯ほど茹でて、とりあえずは冷蔵した。何せスズメがつついて雨水が入り、適温なものだから発酵してしまうのであります。トウモロコシだけにグレーンウイスキーにすぐなるわけでもなく、取らないとただ腐敗してしまう。このあたりがやっかいですね。猿酒ならぬスズメ酒はできないようです。

2007年3月31日

  • 2006年7月18日(火) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2006.07.18(火)  雨 2007年3月31日

 ニフティのフォーラムが終了するという。丸々20年のサービスをもって終了ということであるが、感慨深いものがあります。一方で、時代の流れなのかなとも思うわけで、10年前に携帯がこんなに浸透するとは考えらなかったわけで、この先10年もすれば、農産物のほとんどは工場で作られるようになっているのかも知れませんね。

田んぼの草

  • 2006年7月16日(日) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2006.07.16(日)  晴れ 田んぼの草

 今年から耕作を頼まれた田んぼのうち、2枚ほどが非常に草が多い。特にミズガヤツリとオモダカが局所的に生えているという田んぼである。昔から伝えられていることの1つに、土用に取った草は根絶やしになるというものがあり、茶畑にしても田んぼにしてもそういう話は聞く。雨が降ると草が伸びるので、梅雨の合間は草との戦いで、だいたい家のまわりが間に合わずに草ぼうぼうになっている。そろそろ畑が終わって家のまわりまで草取りの順番が回ってきた。

 田んぼの草は、この時期になると稲の葉がススキ状で痛いし、何よりも気をつけないと目をつつくことになりかねない。株を分けてから顔を水面に近づけて取るのが得策である。1年では根絶は無理としても、来年は少し減ってくれるだろうか。

猛暑

  • 2006年7月14日(金) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2006.07.14(金)  晴れ夕方大雨 猛暑

 今日は朝から暑かった。バラもだいぶ放っておかれているので、朝早くに殺虫剤と殺菌剤を散布した。朝6時の時点でインチキ寒暖計が30度を指していた。この温度計は大体3度ぐらいの誤差があるのだが、それでも暑い。日中は35度を指していたが、無風に近いこともあって、実際の気温も35度を超えていたらしい。

 このぐらい暑いと水やりも一苦労である。鉢植えなどは朝にやった上に11時頃と夕方に必要になる。今日の場合は土砂降りの雨が夕方にあったから良いが、そうでないと水やりだけで終わってしまうこともある。梅雨明けになるとブルーベリーは水やりが大変になっていきます。去年水切れしたもののうち、いくつかは樹勢が弱り何らかの虫の被害なのか葉裏がまだらに透明になった。今年はこれに注意したいと思う。

茶畑が...

  • 2006年7月11日(火) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2006.07.11(火)  くもり時々晴れ 茶畑が...

茶畑
 茶畑の東側3列を抜き、ユンボで整地してもらった。抜いた木は市のクリーンセンターに持っていき、帰りがけにチップ(というよりはほぼ堆肥の状態)と交換し、茶畑に戻した。...とここまで書くと、茶畑潰して普通の畑?という話であるが、半年ぐらいは本当にその予定であります。来年までに隣家との境の木を一部切ったり、NTTの電柱や貸し看板を移動し、駐車場のスペースを確保、可能であれば売り場用の小屋を作りたいと考えています。まあ、それ以上に茶畑を切りましたから、本当に一部は畑の方がいいのかなと思いつつ、ブルーベリーの雨よけ栽培も考えてみたり、思いはいろいろと巡ります。

 放っておくと草も生えますから、伸び始めたらトラクターでうなっておかないとね。

国産マンゴージャム

  • 2006年7月10日(月) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2006.07.10(月)  くもり時々晴れ 国産マンゴージャム

マンゴー
 静岡の方からマンゴーが届いた。国産の無農薬栽培品であります。本当に完熟しているので糖度も高くそのまま食べたら「しあわせ~」な状態です。何しろ切っていて手がベトベトになるぐらいの感じ。もったいないぐらいです。

 送っていただいたものは中玉クラスなので、加工するには手間がかかりますが、廉価にて(といっても国産品ですからそれなりに高いです)分けていただいたので1つ1つの違いを見ながら、育てられてきた思いを感じながらジャムへと加工を開始。マンゴーは大きな種があるので、これを避けるように2つに割ります。真ん中に包丁を入れてから、ペティの先端で種のまわりに切れ目を入れれば割れて実がとれます。続いて皮を剥いてから薄めにスライスします。

 輸入品からすると熟度が高い分スライスを薄くして、繊維を切ってみました。あまり長いとキレが無くなるような予感がしたのと、煮詰めすぎないように仕上げたかったという理由もあります。酸味の具合を調整すべく、少しだけ未熟品を入れてみました。本当に完熟のみで作った場合、生臭くなるという話がありますが、いわゆる出荷できる程度の完熟具合ならば問題はないと感じました。1つだけ出荷はムズカシイぐらいの完熟品も使ってみましたが、これのみでは確かに南国フルーツの完熟品特有の臭さが出てしまいそうです。いずれにしても酸味が少ない分、レモン汁を加えましたが、あまり入れすぎると風味を壊しますし、このあたりの加減が難しいです。糖度は輸入物の時より少し上げて43度(たぶん。最終値を測り忘れてしまった)ぐらいに仕上げてみました。2日経ったら落ち着くので、開封可能になります。

サブメニューをスキップしてフッタへ

記事カテゴリ

ログイン

ログイン

過去記事

火曜日 8月 7日


木曜日 7月12日


日曜日 6月24日


金曜日 10月27日


月曜日 11月14日


土曜日 11月12日


月曜日 9月 5日


木曜日 7月21日



オンラインユーザ

ゲストユーザ: 35

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

ページ (2週)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

ここからフッタ