メニューをスキップして本文へ


ここから本文

雨なんか嫌いだ~

  • 2002年5月11日(土) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2002.05.11(土)  雨なんか嫌いだ~

 現在霧雨になったとはいえ、まるで梅雨を思わせるような雨だよなぁ、まったく。

 こう雨ばかりでは、気が滅入ってしまうのだ。
今日は晴れ男が集まる予定だが、約1名は午後からの人なので(^^;;午後にならないと雨も止まないかも知れないなぁ。

 元気がいいときは、雨を止めさせるだけの力があるんだが、なかなかどうして…。

ゴールデンウイーク

  • 2002年5月 4日(土) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2002.05.04(土)  ゴールデンウイーク

 今年は、土曜日に出社して、9連休という人も多かったようですね。カレンダー通りだったという人もいましたが…。

 例年、ゴールデンウイークといえば、田圃をやっているか、関西に出かけるのがお約束だったのですが、今年は農作業になってしまいました。加えて、片付けものやら、草取りやらで、殆ど肉体労働と化していますので、夜がよく眠れること。

 早い海外脱出組は、チラホラと帰ってきていますね。それにしても不思議なのは、この時期に必ず円相場が動きますね。日本人のお買いもの好きを狙っているとしか私には思えませんが。

 今年は、バラの咲くのも早くて、苺も思った以上に実をつけています。今年はなりものが良くできる年だな、たぶん。

みずほ

  • 2002年4月15日(月) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2002.04.15(月)  みずほ

 何故か、みずほという名前の知り合いは、1人しかいない。
きっと子供がみずほだったりすると、いぢめられているんだろうなぁと思う、今日この頃。

 私も、10日引き落としのクレジットカードが、何故だか引き落とされないままに5日が過ぎた。疑問なのだが、こういう場合、利息計算はどうなるんだろうね。低金利で良かった。

 今回の原因は、完全にはっきりしている。
政治的理由で、担当者がノーと言えなかったせいだろう。わからんでもない。しかし、私が思うには、担当者には、経営的なセンスは一切なかったんでしょうな。でなければ、いくら守秘義務があるとはいえ、もう少し大騒ぎしているでしょう。一部には伝わっていたみたいですが…。
(もっとも、あのみずほの経営陣よりはましかも知れぬが、私は同罪だと思う。システムエンジニアという商売は、経営の間違いを見つけてしまったら、いかなる手段を講じても、正すのも仕事のうちであるはずだから…)

 わからない人向けに、報道されている範囲でいえば、当初第一勧銀のシステムで行こうとしておいたにもかかわらず、おのれの欲得から、土壇場になって、某国際事務機さんと、このきなんのき大きな木のメーカーさんが、欲を出したことが原因らしい。第一勧銀のシステムにしても、開発しているコンピュータメーカーは、1円入札をする会社ですし、所詮は腐ったシステム(現場で苦労しているSEさんの名誉のために言っておくと、システムを請け負った会社の請負元のトップの経営者さんが腐っているんだが)なんでしょうな。

 銀行は「おかね」を扱うのが商売ですから、一般の人(=お金持ちでない)はどうでもいいんでしょうな。福田官房長官と「サントリーのコマーシャルで親の七光を演じている人のその親」との対決も今後話題になるみたいだけど、政治も金融も大差はありませんな。

 みにくい...

#久々に時事問題(^_^);;

クマガイソウ

  • 2002年4月14日(日) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2002.04.14(日)  クマガイソウ

 千葉市のはずれで、かなり群生している場所があり、何度か見に行っていますが、今年は開花が早すぎて、ギリギリ花見に間に合いました。

 開発の流れか、はたまた、良く育った木を材とするためか、大きな木を何本か切ってしまって、まわりが明るくなっていました。来年も同じように花が咲くのかどうか、気にかかるところです。

 昔は、うちの近所もこうだったよなぁという場所が、細々と残っているのはうれしい限りですが、ペンキ缶などの産廃や家電品などのゴミが多くて、戴けません。杉林があっても枝打ちもしていないので材にはなりませんし、高齢化の結果なのか、その場でカネにならない長い仕事(=林業)離れなのか、考えさせられるところです。

キャンディーズ

  • 2002年4月 4日(木) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2002.04.04(木)  キャンディーズ

 今日4月4日は、キャンディーズの解散した日。
ものすごい人気でしたからねぇ。当時のLPとかが眠っていますが、最近は聞いていないですねぇ。いまやDVDの時代ですしね。

 今年は、H14.4.4ということで、ゾロ目の予感。さらには、大安と来ていますから、きっと何かが変わるのでは?と予想している方もいることと思います。でも、準備がまだ出来ていないので、薔薇の写真でも増やしますかねぇ。

遊之介師匠とそばの里の古川さん

  • 2002年3月27日(水) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2002.03.27(水)  遊之介師匠とそばの里の古川さん

 25日は、銚子の古川製粉所というところ(http://www.sobako.co.jp/)に遊びに行ってきました。自転車を担いで1日がかりの旅でしたが、のどかな日和でなりよりでした。
 さすがに蕎麦のことは詳しいのですが、蕎麦のサイトの受注関係のシステムをご自分で作られたとか、本業としては頭が下がります。製粉関係の機械も木製ですので、ご自身で修理されることもあるそうです。
 電脳仕事場も拝見しましたが、さすがは一級の商用サイトを運営されている方の仕事場だと感じました。

 昨日はうってかわって、寄席に出かけたのですが、実に25年ぶりかな、寄席で落語を聞いたのは。日本橋亭というところに行ったのですが、思っていた以上に多くのお客さんが入っていました。
 噺家さんというものは、とても研究熱心だなぁと感じます。落語は、話のあちこちに道理とかマナーとかが入っていますし、時事問題にも敏感で、よく練られていると思います。もっとも、あまりにもタイムリーすぎて、落ちが読めてしまった噺家さんの話もありましたが…。
 遊之介師匠というのは、笑点にも出ている三遊亭小遊三師匠のお弟子さんですが、檜原のフジの森での落語会からのおつきあいになります。そんな縁があって、ハネたあとで酒席をご一緒しましたが、我々と馬鹿話をしつつも、やはり周りの人たちをよく観察されていました。こういうところから、ネタは生まれるのでしょうね。

 人生、何事も勉強と言います。このお2人と話をしていて、改めて「その道のプロ」のパワーを目の当たりにした2日間でした。

彼岸の入り

  • 2002年3月18日(月) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2002.03.18(月)  彼岸の入り

 暑さ寒さも彼岸までという言葉がありますが、彼岸を前に草が勢いを増しますね。今年は特に早い。

 彼岸がくるというと、どこのうちでも、草を取り始めますね。なんとか鈍った重い腰を上げさせるために、彼岸が出来たんかなぁなどと思いながら、昨日近所の草取りと墓の草取りを見ていました。もしもそうなら、先人の知恵ですよね。春の彼岸と言えば、ぼた餅かな。一説によれば、春はぼた餅、秋はおはぎと呼び、それぞれ、牡丹と萩に通じるとか。

 今から12年前のこの時期に、祖父と高校時代の友人を立て続けに亡くして、非常にガクッときたのを覚えています。もともと大人数の家で育ったので、ワイワイガヤガヤがいいんでしょうか。もっとも、最近は親がドタバタとやっていて、まぁ、端で見ている分には楽しいもんです。

A4…4冊、B5…4冊

  • 2002年3月 8日(金) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2002.03.08(金)  A4…4冊、B5…4冊

真
  </div>

<p class=

啓蟄

  • 2002年3月 6日(水) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2002.03.06(水)  啓蟄

 啓蟄(けいちつ)とは、24節気の一つで、虫たちが動き始めるほど暖かくなってきたということなのだそうだ。

 我が家のベランダのバラもだいぶ緑が多くなってきて、春なんだなぁって思います。

 春だということで、今日は薔薇アルバムをスタートさせました。
今後少しずつ増やしていこうかと思います。トップページにある画像をクリックしてもアルバムページに飛んでいきます。

月が変わって

  • 2002年3月 1日(金) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2002.03.01(金)  月が変わって

 ここ(niftyのdialy)って、月が変わると、何もなしになってしまうのかぁ。知らなかった...。

 画像の方は、気分が乗らないために、なかなか進まない状態。ま、こういうときもあらぁな。気長にやろう。あちこちで、3年以上もそのままというサイトを見ていると、きっと、今は忙しいんだろうなぁって思ってしまう。

 今年の啓蟄は、3月6日。唯ですら暖かい我が家のベランダでは、今年はバラの芽がかなり動いている。もともとバラは動くのが早いんですよね。剪定と植え替えの方は、ここ2年ほど放ったらかしであったので、今年はちょっとだけ真面目にやっています。
 一方の実家の薔薇たちですが、こちらは、手を入れきれておらず、特につるバラは、3月だというのにそのままになってしまった...。もう少ししてから、暖かい日にでも剪定と整枝をしようかと思っている。邪道ではあるが、しないと木が弱ってしまう。ただ、剪定の際に芽がだいぶ落ちちゃうんだろうなぁ。

サブメニューをスキップしてフッタへ

記事カテゴリ

ログイン

ログイン

過去記事



オンラインユーザ

ゲストユーザ: 15

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

ページ (2週)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

ここからフッタ