メニューをスキップして本文へ


ここから本文

冷蔵庫

  • 2006年7月28日(金) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2006.07.28(金)  晴れ 冷蔵庫

冷蔵庫
 来年に向けて米用の冷蔵庫を設置した。中にざっと60俵は入る。冷蔵庫というよりは3畳間エアコン付きという方が正しい。

 これまでは納屋の中の木で組んだ穀入れに入れていたのだか、ここ何年かは異常高温と時間当たり60ミリとかの雨のために、7月を過ぎると玄米としての品質が極端に下がってくる。冷蔵庫内は湿度と温度を一定に保つので、玄米としての品質を崩さないで済む。何かいいことだらけのように思えるが、実際はいろいろと問題が出てくる。

 まずはコストの問題。イニシャルコストは100万円ほど(冷蔵庫、設置費、電気工事費、土間生コンほか)。電気代が年間1万程度(動力なので1/4で済む)。更に冷蔵庫から出して精米するまでは、最低数時間は常温放置した方が米の割れが少ないのだが、夏場の高温多湿下では急激に劣化が始まるので、精米直後は良いとしても食べていくうちに劣化がどんどん進むこと。これは生鮮食品であるコメを夏場なら2週間で食べるという「きまり」を守ってくれていれば気にはならないが、1か月もかけて食べて、更に保管状態が良くないと劣化がひどいことになるのではないでしょうか。

 この冷蔵庫、10年程度でもとを取るとして、11万円÷60俵で計算すると1kgあたり30円のコスト増になります。低温貯蔵をうたって販促用の看板でも作りますかね。

雨が続くと

  • 2006年7月19日(水) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2006.07.19(水)  雨 雨が続くと

 梅雨の中休みが終わって、全国的に大雨になっている。畑の通路にしている部分も水浸しで、ブルーベリーに至っては実が裂け始めた。取りたいのだが雨が強くとれない状態が続き、夕方にようやく少し摘んだ。水が多くなると根が呼吸できないせいで新梢がぐにゃっと曲がる。急にしおれたときと同じ現象で、どうもブルーベリーは適度な水分を必要とするのがわかる。

 雨が続くと鳥たちも食べ物がなくなるのか、あるいは、ちょうど食べ頃なのをよく知っているのか、トウモロコシの大半をスズメにつつかれてしまった。当然ながらそういうものなのでとっても甘い。大鍋で3杯ほど茹でて、とりあえずは冷蔵した。何せスズメがつついて雨水が入り、適温なものだから発酵してしまうのであります。トウモロコシだけにグレーンウイスキーにすぐなるわけでもなく、取らないとただ腐敗してしまう。このあたりがやっかいですね。猿酒ならぬスズメ酒はできないようです。

田んぼの草

  • 2006年7月16日(日) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2006.07.16(日)  晴れ 田んぼの草

 今年から耕作を頼まれた田んぼのうち、2枚ほどが非常に草が多い。特にミズガヤツリとオモダカが局所的に生えているという田んぼである。昔から伝えられていることの1つに、土用に取った草は根絶やしになるというものがあり、茶畑にしても田んぼにしてもそういう話は聞く。雨が降ると草が伸びるので、梅雨の合間は草との戦いで、だいたい家のまわりが間に合わずに草ぼうぼうになっている。そろそろ畑が終わって家のまわりまで草取りの順番が回ってきた。

 田んぼの草は、この時期になると稲の葉がススキ状で痛いし、何よりも気をつけないと目をつつくことになりかねない。株を分けてから顔を水面に近づけて取るのが得策である。1年では根絶は無理としても、来年は少し減ってくれるだろうか。

猛暑

  • 2006年7月14日(金) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2006.07.14(金)  晴れ夕方大雨 猛暑

 今日は朝から暑かった。バラもだいぶ放っておかれているので、朝早くに殺虫剤と殺菌剤を散布した。朝6時の時点でインチキ寒暖計が30度を指していた。この温度計は大体3度ぐらいの誤差があるのだが、それでも暑い。日中は35度を指していたが、無風に近いこともあって、実際の気温も35度を超えていたらしい。

 このぐらい暑いと水やりも一苦労である。鉢植えなどは朝にやった上に11時頃と夕方に必要になる。今日の場合は土砂降りの雨が夕方にあったから良いが、そうでないと水やりだけで終わってしまうこともある。梅雨明けになるとブルーベリーは水やりが大変になっていきます。去年水切れしたもののうち、いくつかは樹勢が弱り何らかの虫の被害なのか葉裏がまだらに透明になった。今年はこれに注意したいと思う。

茶畑が...

  • 2006年7月11日(火) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2006.07.11(火)  くもり時々晴れ 茶畑が...

茶畑
 茶畑の東側3列を抜き、ユンボで整地してもらった。抜いた木は市のクリーンセンターに持っていき、帰りがけにチップ(というよりはほぼ堆肥の状態)と交換し、茶畑に戻した。...とここまで書くと、茶畑潰して普通の畑?という話であるが、半年ぐらいは本当にその予定であります。来年までに隣家との境の木を一部切ったり、NTTの電柱や貸し看板を移動し、駐車場のスペースを確保、可能であれば売り場用の小屋を作りたいと考えています。まあ、それ以上に茶畑を切りましたから、本当に一部は畑の方がいいのかなと思いつつ、ブルーベリーの雨よけ栽培も考えてみたり、思いはいろいろと巡ります。

 放っておくと草も生えますから、伸び始めたらトラクターでうなっておかないとね。

生コン

  • 2006年7月 6日(木) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2006.07.06(木)  くもり時々晴れ 生コン

 弟と一緒の年齢である納屋の一部に生コンを打った。私自身は手伝いでメインは弟の作業。去年の秋ぐらいから話は出ていたものの、ようやく時間が取れたので急遽今日作業することになった。3立米の生コンをネコで運んだが、最後の方はさすがに疲れました。やっぱり夏場にやるものではないです。

 これで念願の米用の冷蔵庫が納屋の中に設置できるようになります。温度変化を伴うことになるので、朝夕にしか出せないとか、出し入れには気を遣いますが、高温での保管による劣化が防げれば味もさらに良くなるものと思います。ただ、精米作業が面倒になってきます。注文を受けてからその日に精米ができたものが、翌日回しになりかねないのです。冷蔵庫から出してそのまま精米すると温度差が急激になって米が割れる可能性があるためです。少量の米ならば別ですが、1袋単位などで精米すると温度ムラができるので、ちょっと外気にならさないといけません。かといって、常時1袋を外に出していたら意味がないですしね。

 今日は友人から、マンゴーとサクランボが届いたので、おいしくいただきつつ、ジャムの試作に入ります。

これは何の花

  • 2006年6月27日(火) 15:30 JST
  • 投稿者:
    turbo

雨なので

  • 2006年6月16日(金) 12:32 JST
  • 投稿者:
    turbo

黒米と赤米の混ざりを選別中。気長な仕事だわぁ

カモのたまご

  • 2006年6月 5日(月) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2006.06.05(月)  くもり時々晴れ カモのたまご

カモのたまご
 畦草刈りの最終日、30センチぐらいの草を刈っていたら、カモが目の前を飛び出した。何かと思ってみてみるとカモの卵がありました。もう少しで卵まで刈ってしまうところでした。ちょうど畦の真ん中あたりだったので、残りを刈り終えて振り返ってみると親ガモが心配そうに見てました。卵を暖めていたのね。

 たぶんどこからか逃げ出したカモ(鳥の種類はよくわかりませんが、合鴨なのかな)が野生化したもののようで、毎年水回りをしているとつがいが何組かいます。きっとそのうちの1組なんでしょうね。1把しかいなかったので、母どりなのでしょうか。そっと刈った草を側に置いておきましたから、カラスなどに見つからないようにうまく隠しただろうか。どうなっているのかちょっと気になりますね。

畦草刈り

  • 2006年6月 3日(土) 00:00 JST
  • 投稿者:
    turbo
■■■■■2006.06.03(土)  くもり時々晴れ 畦草刈り

畦草刈り
 黙っていても草は伸びます。どうしても作業の順番で家まわりが最後になってしまうのですが、田んぼもやはり最後に近い口ですね。仮払機でざっくりと刈っていきますが半日で5反程度の作業量がちょうどいいのかなと思っています。畦草は面積ではなくて周囲の長さと道路から田んぼまでの幅で作業量が決まります。広い田んぼで枚数を集約した方が効率はいいですね。

 刈っていると必ず出てくるのが空き缶やビニールなどのゴミ。どちらも飛んだり絡んだりで作業を中止しながらです。特に空き缶は飛んで怪我のもと。捨てないでほしいものです。畦草刈りは、6月の上旬、7月の上旬、8月のお盆前の3回は最低刈ります。除草剤を使う人もいますが、だいたいそういうところは草が全部なくなり、路肩が崩れたり土が流されたりしています。3月の下旬(彼岸前後)に除草剤を使って効かせているようですが、むしろ3月の上旬の方が発生する雑草が柔らかいものになるように感じます。

サブメニューをスキップしてフッタへ

記事カテゴリ

ログイン

ログイン


オンラインユーザ

ゲストユーザ: 31

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

ページ (2週)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

ここからフッタ